日本広報学会
By 日本広報学会事業委員会 Follow | Public

日本広報学会は経営体の広報およびコミュニケーション活動全般について、学術的および実践的な研究を行い、研究成果を発表しつつ、理論としての体系化を目指します。

日本広報学会(Japan Society for Corporate Communication Studies)は経営体の広報およびコミュニケーション活動全般について、学術的および実践的な研究を行い、研究成果を発表しつつ、理論としての体系化を目指すため、1995年3月24日に設立されました。
2015年に設立20周年を迎え、現在個人会員450名超、法人会員50社弱を誇っています。
これからの経営体のコミュニケーション活動のあり方、さらに社会に開かれた経営体のあるべき姿を洞察し、必要とされる施策の内容を検討するとともに、展開の方法および技法の開発につとめ、国際社会に通用する広報マインドの醸成に貢献いたします。

ミッション
1.経営体の広報およびコミュニケーション活動全般について、学術的および実践的な研究を行い、研究成果を発表しつつ、理論としての体系化を目指す。
2.これからの経営体のコミュニケーション活動のあり方、さらに社会に開かれた経営体のあるべき姿を洞察し、必要とされる施策の内容を検討するとともに、展開の方法および技法の開発につとめる。
3.国際社会に通用する広報マインドの醸成に貢献する。

管理者: 日本広報学会常任理事北見幸一